ダイエットをするとほぼ確実に発生してしまうリバウンド

ダイエットをするとほぼ確実に発生してしまうリバウンドには、どんな対策が有効なのでしょうか。リバウンドがなぜ発生するか、まずは仕組みを知りましょう。なぜリバウンドが起きるかがわかれば、リバウンド対策の立て方がわかるようになることでしょう。運動量を増やし、カロリー摂取量を減らすことが、ダイエットをする時は定番ともいえる行動だといえるでしょう。食事の見直しをしてカロリー過多になりそうな調理法は避け、運動をたくさんするように心がけることがダイエットになります。ダイエットをスタートして最初の1週間ぐらいは体重が順調に減ります。ダイエットが簡単に成功するかのように思われリバウンド対策など必要ないと感じます。ですが、最初の段階をすぎると急に体重は減りにくくなります。食事を減らし、運動もしているのに、体重の減りが止まるのです。体重が減少しないだけでなく、何かのきっかけでリバウンドしてしまうこともあります。これは、ホメオスタシスが原因です。食事の供給が何らかの理由で途絶えた場合、生命機能を維持するために存在しているのがホメオスタシスで、体内の状態を一定に保つためのものです。ホメオスタシスは、食事量がいきなり減るなどの状況を生命の危機と認識し、対策を取ります。そのためできるだけエネルギーを使わず、溜めておく体になります。どんなにダイエットをしても体重への影響がわずかたせという人は、ホメオスタシスと関係があるかもしれません。エネルギーを体に貯めようと働くので、体重が増えてリバウンドしやすくなってしまうのです。ダイエットをしながらリバウンド対策をするためには、ホメオスタシスが働かないような長期間で取り組めるダイエットをする必要があるのでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ